年齢別メンズファッション考察

メンズファッションの傾向は、年齢と共に変化する。



その要因は、様々あると思うが、大きなものとして、「加齢に伴う体の変化」「社会からの視線」が挙げられるのではないだろうか。



多くの人が、歳をとるにつれて「若作り」というワードに敏感になり、そう思われないように、ファッションも変化させる。若い時は好んで身につけていたオリジナルの大きなアクセサリーなども、すっかりクローゼットの奥に仕舞われていることだろう。



10代から20代前半までは、「好きな服、欲しい服を着る」ただそれだけである。流行りのデザインや、人気芸能人が着ているブランドのアイテムを、こぞって探し求める。



20代後半から30代になり、仕事を数年も経験していると、社会の目が気になり始める。結婚をして子供ができ、父という立場になる人が多くなるというのも関係しているかもしれない。



今まで着ていた、デザイン性が強いアイテムに対しての抵抗感が出始め、派手な柄や大きなプリントを避けがちになる。シンプルでカジュアル志向に変わってくるのもこの時期である。



そして、40代以降になると、体型の問題に重きを置かれるようになる。中年太りでポッコリお腹になってしまった人は、デザインがどうとかいうよりも、「いかにお腹を隠すか」「いかに不潔に思われないようにするか」「若作りと思われないように」などという事を考えて服を選ぶようになる。



もちろん、全ての人が上記のような考察に当てはまるわけではない。若くてもファッションに興味を持たない人もいれば、歳をとっても流行を追い求めている人もいる。



ファッションは、ただ自分を着飾るものだけではなく、その人の心理的な面や人生観、さらには生活環境までもを表していると言える。



だからこそ、ファッションは面白く、個性が発揮される場所になるのである。





<PR>

女性向けエステ.com|AGAでお悩み解決|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|生命保険の選び方|美容と健康女性ランキング|健康に役立つ口コミ情報|注文住宅のための用語集|会社経営に必要な知恵袋|英会話ノウハウ勉強会|